About
works
solution
windenergy
renewable

世界トップレベルの風車管理体制

風力発電は、無尽蔵でありながら変動の激しい「風」という自然エネルギーを利用した発電システムであるため、常に状況に合わせた運転・保守・管理を必要とします。
CEFでは、風の力を少しも無駄にせず、1秒でも長く風車を回すために、風車管理における独自のノウハウを確立してきました。24時間365日常時2元監視体制を整え、トレーニングされた専任のO&Mスタッフがメンテナンス・トラブル対応を行っています。更に、多面的なデータ分析に基づいたリスクマネジメントを行う、BIC(ビジネスインテリジェンスセンター)や、故障部品を最短で供給するパーツセンターとの連携により、世界でもトップレベルの風車管理体制を整えています。
その結果、CEFの管理する風車は高い稼働率を誇っています。

世界トップレベルの風車管理体制

日本全国で100基以上の風車管理を実施

名称 設備 基数 定格出力 運転開始
花咲風力発電所 GE1.5s 1 1,500kW 2001年
CEFオロロンウインドファーム Lagerway
LW50/750
4 3,000kW 2001年
一般社団法人浜中町風力発電所 GE1.5sle 1 1,500kW 2006年
CEF南あわじウインドファーム GE2.5 15 37,500kW 2006年
CEF豊北ウインドファーム GE2.5
GE1.5sle
7
5
17,500kW
7,500kW
2007年
         
CEF伊豆熱川ウインドファーム株式会社 GE1.5sle 10 15,000kW 2009年

以下ウインドファームには
CEFが風車管理サービスを提供しています
       
JEN玖珠ウインドファーム株式会社 MWT1000A 11 11,000kW  
虫ヶ峰ウインドファーム GE1.5sle 4 6,000kW  
その他風力発電所 - 43 84,500kW  
合計   107 195,000kW